不登校の時間に旅をする選択 学校・教委も受け入れたある親子の教育法


オンラインカウンセリングなら日本最大級の「cotree」

不登校の時間に旅をする選択 学校・教委も受け入れたある親子の教育法
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000001-wordleafv-peo
 年間30日以上学校を休んだ場合、文部科学省の定義では、おおむね「不登校」と判断される。しかし、秋田県に住むNPO法人代表の松浦真さん(36)の長男の駿くん(9)は、あえて小学校を年70~100日欠席し、全国出張のある父親の仕事に帯同して自分のペースで学ぶ。松浦家の教育方針を学校や教育委員会も受け入れている。

 真さんは学校と学校外の学びを組み合わせた教育方法を「ハイブリッドスクーリング」と呼び、学校に合わない子どもに向けた一つの選択肢として普及を目指している。松浦さん親子の暮らし方とは。学校や教育委員会の理解をどのように得たのか。まずは生活の様子を動画(約8分)で見てほしい。

■チャンネル登録はこちら
https://yahoo.jp/zaoidV

■THE PAGE(ザ・ページ) – 気になるニュースをわかりやすく
https://thepage.jp/



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)