不登校ひきこもりを解決する伊藤幸弘の実践DVD


オンラインカウンセリングなら日本最大級の「cotree」

不登校ひきこもりを解決する伊藤幸弘の実践DVD
詳しくはこちら⇒http://m-md.net/st/futokou
“あること”を理解することで、子供が“不登校・ひきこもり”になる原因が心の底から理解でき、 今日からどのような考え方をし、行動を取り、子供と接すれば、 解決へと導けるかという正しい解決方法を手に入れることができる。

と聞くと、あなたは「怪しい」「嘘だ」と思うかもしれません。

しかし、私の方法を試された2000人以上のご両親が、短期間で子供の「不登校・ひきこもり」を解決することに成功されています。

早い方ですと、10年以上のひきこもりを1日で解決した事例もあります。

なぜ、こんなにも短期間に「不登校・ひきこもり」を解決できるようになるのか?

一体、私が、ご相談をお受けしたご両親に対してどのようなアドバイスをしているのか?

また、私が子供へどのようなことを話しているのか?

その秘密を包み隠さずに公開します。

はじめまして。伊藤幸弘と申します。

私は、約28年前から、「不登校・ひきこもり」だけでなく、「いじめ」や「家庭内暴力」や「非行」など、子供に関するあらゆる問題に取り組んでまいりました。

不登校・ひきこもりに対する考え方や、子供との接し方を変え、少しだけ日常生活を変えるだけで、自宅で不登校・ひきこもりを改善して、これからは、ストレスのない笑顔の絶えない幸せな家庭を築いていくことは、「“あるコツ”が分かってしまえば、十分に可能なんです!そんなに難しいことではないんです!」ということをあなたに伝えたいと思っています。

私が28年間で2000人以上のご相談を受け、解決してきたノウハウを体系的に、家庭で今日から実践できる形でまとめあげた「不登校・ひきこもり解決法」を、一人でも多くの方に活用して頂き、幸せな家庭を築いて頂けたら、私にとってそれ以上の喜びはありません。

ここに、佐々木先生の言葉で、あなたが子供の不登校・ひきこもりを解決する上で、非常に重要な一文を引用したいと思います。

「乳幼児期の早期は、子どもが喜ぶことをたくさんしてあげればあげるほど、人を信じる力と自分を信じる力を子どもは大きくしていきますから、将来の自立に向かって、とても良い人格の基礎づくり、感受性の基礎づくりをすることになるわけです。」

私が「子供達が望む事を、望むようにしてあげたこと」で簡単に子供の行動を直すことが出来ていたのは、佐々木先生と出会い、先生の上記の言葉を理解することで、すべてが明確になりました。

あなたも、この言葉の意味をきちんと理解することで、子供の不登校・ひきこもりを解決することが出来ます。

また、その具体的な方法、あなたが家庭で何をやれば良いのかについて、私は28年間の経験と実績を持っていますので、あなたにすべてお教えします。

私が更生させてきた子供達はきっと、“幼児期にもっともっと親に甘えたかった”、“親に愛されたかった”と思っていたと思います。

ところが、それが出来ずに思春期になってしまったのです。

幼児期であれば、「だっこしてほしい」「遊んでほしい」といった甘え方で、直接親に対して愛情を確かめる事が出来ると思うのですが、思春期になると、そんな事は恥ずかしくて言えません。

だから、反抗的な態度をとる事で、親を困らせ、親が自分の事を親身に考えてくれているか反応を見て、愛情を確かめているのです。

本当に親が嫌いなら親と関わる事すらしないはずです。

子供は、このうようにして親を試しているのです。

要するに、幼児期と思春期では、要求の形が違うだけで、親に愛されたいという本質は変わらないのです。

ここを理解出来るかが、最大のポイントとなります。

体つきや、話す言葉は一見大人のように見えても、心の中で求めている事は、幼児そのもので、彼らの心の成長は幼児で止まったままだ、と言っても過言ではありません。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)