私が不登校から抜け出せた一言~心の置きどころ~


オンラインカウンセリングなら日本最大級の「cotree」

私が不登校から抜け出せた一言~心の置きどころ~
私は小学4年から中学校生活のほとんど
不登校でした。

でもそんな私にある転機が訪れました。

私が不登校ではなくなったのは
花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~
というドラマを見て
堀北真希さん演じる主人公“芦屋瑞稀”を
ロールモデルにする事で
心の置きどころが見つかったからです。

私が勝手に自分自身に結び付けて考えたのは
見た目は男の子で、本当は女の子という事。

そして、その学園ドラマで“芦屋瑞稀”が
「おはよう!」と明るい声で、とても元気に
登校する姿を見て、私もこうなりたい!
学校ってこんなに楽しいものなんだ!

そう思えるキッカケをいただきました。

そして私は“芦屋瑞稀”として
学校に行くようになりました。
すると周りは躊躇いもなく
明るく受け入れてくれたのです。

アーティストのゆずさんも歌っているけれど
“人はみんな鏡”なんだと本当にその時思いました。

どう接すればいいか分からず
下を向いて登校した日もありましたが
そんな日は誰にも声を掛けられませんでした。

でもたった一言「おはよう!」と
明るく挨拶をするだけで
私の世界は変わりました。

そして私は中学3年生の3学期を
本当に心から楽しいと思える
中学生生活を過ごす事が出来ました。

今、大人になって思う事は
・思い出がないこと
・勉強という観点で、将来の可能性を広げられなかったこと
・色々な友人と関われなかったこと

この3つは悲しい事だと思いました。

今になっても沢山沢山後悔があります。
もしも今
不登校の子がこの動画を見てくれていて
学校に行く事の素晴らしさが伝わっていたら
嬉しいです。

でも、もしも“不登校”という1つの選択が
あなたを救うのであれば
私はそれはそれで必要な選択肢だと思うし。
私は不登校だったけれど
・今は幸せな人生を生きている事
・学校はあなたの人生の全てではない事
この2つも私が今思う事です。

だから、本当に本当に今
辛い現状にいる人には
「学校が全てではない事と、
あなたらしく生きられる方法が必ずある」
という事を忘れないで居て欲しいです。

もしも、学校に行きたいと思っている
不登校の人の背中を少しでも押せたり、
1人で悩んでる人に不登校だった先輩として
何か伝えられていたら嬉しいです。

私が不登校になった理由は
こちらの動画でお話しています↓

じゅんじゅんのツイッターはこちら↓

じゅんじゅんのインスタグラムはこちら↓
http://instgram.com/junjun2017626



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)